TeamGOCHI

神奈川のホビーレースチームTeamGOCHIの公式ブログです。

GOCHIとshamsで合同練!?

皆さんこんにちは! 頭悪いと定評のあるあめたろうです。  

先日はshamsの方達とこーき君、谷先輩と一緒に江ノ島-大観山まで要所ポイントを定めた車の通りが多い場合は勿論中止もいう形でドンパチライドをして参りました。

事の始まりはTwitterで主に長老と絡みのあるたろー君から一緒に走りたいとのことからでした

 

長老: でしたら江ノ島-大観山のコースでドンパチしながら走りますか!

あめ: あ、自分も行きたい?

たろー君: いいですね!他のチームのメンバーも呼びかけてきます

(以下略)

という流れで日程も指定して開催される前日にとある事態が。。。

 

たろー君: すみません腰をやってしまい参加出来そうにありません…

さらに。。

長老: バイトのシフトが入っちゃった… あめちゃん後は頼んだ!

 

あめ: な、ナンダッテー!?

 

元々しゃます4に対しごちは2、元から数の暴力を覚悟していたのが相手のエース1人が抜け、こちらはエースくらいまぁ長老が抜けてしまいもう降参状態です?

f:id:teamgochi:20160824231417j:image←まさに心境こんな感じでした

絶望していた時なんと

 

谷先輩: 明日走れる人いないかなぁ

 

キ、キターー! GOCHIを代表するエース、谷先輩が空いてそうだ! 早速お誘いして行きたいとの事。 孤独で死んじゃうかと思ってましたがこれは想定外、嬉しい。更に!

 

こーき君: 明日箱根行くんですか!?自分も行きたいっす!

おおおこーき君まで!  これは楽しみになってきたと遠足前の小学生の如くわくわくしながら当日を迎えました。

 

134からスタートなので江ノ島ファミマで集合、あめたろうは余裕を持って出たのですが茅ヶ崎辺りでサドルの締めが甘かったのかガタが生じそれを直してたら遅刻しちゃいました?

 

(´-`)oO(あれ?最近遅刻グセついてないか?)

 

初対面の方ばかりなので軽く自己紹介、今回のライドのルール、注意事項を再確認します。ちなみにメンバーはごちからあめ、谷先輩、こーき君  しゃますからはイジマ君、森くん、はすみくんの丁度3対3になりました が、しかし衝撃の事実が!

あめ: え、はすみくんまさかフラペ…???

 

はすみくん: はい! 近々ピンティングにしようかと検討していますが今日はこれで頑張ります☺️

 

あめ: すげぇ… これで全自走乗鞍とか旧道下見で39分とか強すぎだよ… おにいさん 脚 こわれる

 

はすみくんまさかのフラぺ参戦で場にいるみんな戦慄しました(多分

 

殺されない様ににがんばろうと心に誓っていざスタート!

 

f:id:teamgochi:20160824233433j:image 

 

 

浜須賀の区間までごち側がペースを上げながらローテしていきましたが浜須賀越えたストレートではすみくんが飛び出しました!

 

谷先輩とこーき君は放置してましたが自分は少し遅れながら反応しパスします。(´-`)oO(まぁ134なのでアタックなど決まらず茅ヶ崎の信号に掴まりましたが)

 

相模川のスプリント区間は車の流れはほぼ無しだったので確定。

 

自分は発射台のつもりで緩い緩斜面区間だけ踏んで後はこーき君と谷先輩にお任せしたはずがなんとはすみくん食らいつく!  

 

後ろで大丈夫かな…と見守る中ちゃんと谷先輩はとってくれました! 

 

その後も花水川手前までまで谷先輩こーき君はすみ君でバチバチしてたので合流したくても中々出来ずしんどかったです?

花水川でなんとか追いつき大磯分岐点の手前までまたもや軽く発射台になりこーき君が勢い良く飛び出します!

 

このままこーき君がこの区間を制したのですがはすみくんはどこがゴールなのかわからなくて動くに動けなかったそうです…

 

はすみくん強い?

 

となわけで134区間は終わりファミマで補給、 どうやらはすみくんは谷先輩のコスカボが気になるようで

はすみくん: ディープいいですね!平坦とかすごく楽になるんですよね!

Answer

谷先輩: いやただ重いだけだよ☺️

 

はすみくん: 。。。でも伸びとかはかなり凄そうです!

Answer

谷先輩: 50から恩恵が得られるかな やっぱりただ重いだry

はすみくん: ...?

 

現実突きつけすぎィ!!!  少しは夢持たせて上げてよ谷先輩!(笑)

 

みんなこの会話で笑いましたw  おもしろかった?

 

しばし談笑した後風祭までノンストップで行き、今日の目玉の山岳ステージ旧道と大観山へ向かいます。

 

おなじみな通り旧道は三枚橋からどさんこラーメンまで続く登りで平均6.6%の10kmの登りなので、数字だけ見るとそうでも無さそうに見えますが、下りや平坦が要所で仕込まれてるため10%前後の登りが大半でペース配分をしっかりしないと大変辛い峠です。

 

さて、いざ登りにはいりホテル前まではすみくんが牽く! 速いなぁと思いながら必死についていきます。

 

中間地点の須道川ICでもポイントが得られるので温存していた分踏みました?

 

自分谷先輩で通過しすぐ後にはすみくんが来たのかな? この区間のちょっと前から集団は崩壊していました。

 

そのまま谷先輩を後ろに乗せからす神社の坂に差し掛かる前に後ろの谷先輩が居なくなり、登り終わった後聞いたらボトルを落としてしまったのこと、 残念?

 

そのまま個人TT状態で登頂! その後谷先輩かと思ったらなんと2番手ははすみくん!  

 

タイム差は体感で1分ぐらいしかなく危うく殺られる寸前でした_( 」∠)_

 

その後谷先輩、こーき君と続いてイジマ君、森くんと合流し最後のステージ大観山へ向かいました。

 

電光掲示板に大雨注意報とのことでしたが特にやばそうな雨雲も見たところなく大丈夫そうだったのでそのまま決行(この判断が後に最悪な結果に)

 

ここは踏むと決めてたので序盤からガンガン踏みました。 1km進んだとこで後ろには谷先輩のみと安心して楽なペースにちょっと落とした途端

明らかにローテではない潰しにくる上げ方を後方の谷先輩が仕掛けたので、先行は許すまいと自分もそれに対応、その後も3回ぐらいアタックされ正直ヘトヘトです。。

十国峠行の分岐に差し掛かる辺りで凄まじい霧に包まれ前の見通しが悪い中、見晴らし台の平坦をすぎると最後のリフトがキツイところがあるのですがそこで谷先輩が強烈なアタック!

 

ぜーハーしながら必死に喰らいつきゴールを目前にし呼吸を整えスプリントをしなんとか場を収めることが出来ました…. 死ぬかと思った…

f:id:teamgochi:20160825002239j:image

 

軽く休憩し3番手を待ちます。

 

こーき君が来たのでごちの123か!?と思ったのですがはすみくんが先行してたとのこと

だかしかし彼の姿は見えない

まさか迷った…!?

 

そして空の様子が怪しいと谷先輩がすかさず雨雲を確認したのですが

谷先輩: 速く下山しよう…  かなりやばい奴がもう目前まで来てる。 これは逃げられない…

 

とりあえずはすみくんに電話をかけましたが繋がらないので一旦5人は下山に差し掛かります?  

 

するとポツポツと雨が次第に強くなっていき肌で受けるのが痛いぐらいは程の豪雨に変わりました?

雨だけならまだしも

ピカッ

ドーーーーン

光ってから一秒もせずに凄まじい轟音をたてながら先ほどまでいた大観山のラウンジ辺りに雷が落ち、その後も3回ほどかなり近くでも落ちて恐怖に震えながら長い、長い永遠に感じた4kmを下り、すかさず屋根のあるお土産屋に逃げ込みます。

 

はすみくんとも連絡が繋がり、彼はゴールを素通りしてしまいそのまま下山してしまい、多少の雨に打たれた様ですがなんとか無事に湯河原から輪行するとの事

 

よかった…と安堵しましたがこちらはかなりの雨を集中的に受け、標高も高いため気温も低く森くんやイジマ君の様子がかなりまずかったので、すかさず近くのコンビニ?でタオルと体を冷やさない様に40Lのゴミ袋も購入 。

 

このゴミ袋は首、腕の3箇所に穴を開けベストみたいな形で着込むというラ〇ドヌー〇のT〇Bさんが過酷な環境下の中生き抜くための手段であった(以下略)

 

この判断がかなりgoodで非常に暖かく内蔵を冷やすリスクを軽減出来、よかったです!〇KBさんありがとうございます☺️

この豪雨の中テンションがおかしくなったのかf:id:teamgochi:20160825004428j:imageこの様なレアポケモンも観測されました。

という冗談は置いといてf:id:teamgochi:20160825004617j:image先ほどまでこの様な状態でしたが数10分もすると雨は弱まり、なんとか下山出来そうな様子だったので急いで旧道経由で下山し間一髪で豪雨から逃げられる事が出来、無事に解散出来ました。

 

この様な事態に合いましたが皆事故も無く幕を閉じる事が出来、本当に良かったと思います…?  

(´-`)oO(正直雷死ぬかと思いましたしね…)

お疲れ様でした!